銀河鉄道999の如し

2009年05月31日

家にいると非常に悶々がノンストップなので
私は時々ネームやらプロットやるのに外に出かけて
サイゼリヤやら近所の喫茶店やら図書館に籠ったりするのですが
今日は図書館に行ってみた。

図書館だって普通の図書館じゃ無理で
子供うるさいし学習机ではなんか勉強してる振りしないといけないし
なので私は六甲アイランドのファッション美術館の図書館を利用することにしてます。
考え事するのに非常にもってこいな静けさとほどよい緊張感と
基本そんな人おらんし、飲んだり食ったり切ったり張ったりせずに大人しくしてれば怒られることは無い。
集中力切れてきたら、豊富なバリエーションの雑誌で情報収集もばっちり。
美術系の本が豊富なんで、それらをぱらぱらめくっているだけでも十分な気分転換になる。
という環境として非常に優れているのに併せて
六アイ(六甲アイランド)に行くのには交通費往復500円かかるので
それなりに成果物を仕上げないとなんか損した気分になるので集中力も持つ。
っていうね。

いいんですよ。あの図書館。
今日もなんとか目標にしてたことは出来た。と思う。
しかし失敗したな。
うっかり気分転換で同じ建物内のインポート系の洋服屋に
うっかり入ってしまったのが不味かった。
うっかりいい子(服)を見つけてしまった。
どうも着回しが利かなそうな役立たずだけど
かわいいから許す!
みたいな子がさぁ。
おったんだわ。
それから図書館にもどってしばらくもんもんしてしまう。
プロットやっててもほぼ手つかず。いかん流れだ。悪い流れだ。
どうしようも無いので買う事にして再度その服屋を訪れる。

売れてました。
インポートなので一点ものだと綺麗な店員のおねいさんに説明される。
悩んだあの時間は何だったんだと落胆した私。
よう考えたら要らんもんまで買ってしまって気がついたら二重苦を背負っていたのでした。

しかし私の脳裏には
往路のモノレールからの風景が広がる。
地上から何十メートルも高く、上空を走っているようなあの風景。
色んなものが小さい。
虚空と、こまごまと色んな建物がぎゅう詰めの地上とのコントラスト。
人間の営みとはなんと自然の前では小さいことよ、と。
洋服屋での一件など非常にどうでもよくなってくる。
(っていうかほんとどーでもいいよな。読ませてすみません)
ああいう自然の絶対的なスケールを前にどーでもよくなることは本当にどうでもいいことで
あのコントラストを前に「もーでもいい、、わけねーだろぼけ!」
と思うことこそを悩み苦しむべきであることよ。
ということで、再びプロットに戻ったのでした。

お。30分か。
もう終わっとこ。
なんで999かと言うと
日が落ちて復路につくと、神戸の夜景の上空を走るわけで、
その様がさながら999のようでたまらない
ということです。
私は田舎モンを自負してるので、
神戸の夜景という、実に文明くさく、イケてる情景というのに
疎外感というか、違和感を感じるので
なんかそういうところが鉄郎気分を盛り上げるのでした。
イケてる機械の体、本当に要るんか自分。
みたいな。 


Posted by マツオヒロミ at 21:17Comments(0)日記

もっつもっつ

2009年05月30日

今日はなんか会社つとめっぽいことをした。
金曜日ですよー。明日から休みですよー。
同僚ともつ鍋で呑みってのをやってみた。
よっぱらいの文章なのを先に断っておく。

私は漫画を描く、というのがまず大事なので
さくっと家帰るのも漫画描く作業のうち、みたいな。
っていうとすごいがんばってる人みたいですが当たり前のことですよね。
働きながらプロ目指してる人には普通の事だと思う。

なんでほとんど呑みとか参加しないんですが
最近色々思うところあって。
ご飯食べにいく同僚に付いていって呑んだりしてみました。
ああなんでこんな実験みたいな言い方してんだ。
全方位に向かって謝りたい。傲慢でごめん。態度でかくてごめん。

とかそういうのはまぁいいんだよ。

要は楽しそうだから付いていったってだけなんだよ。

そんな複雑なハーツを隠し持ったまつおを連れた一行(4人)は
結構有名店だというJR神戸駅の近くの「才谷」っていうもつ鍋屋で美食をむさぼったんでした。
まつお、才谷の常連の女の子のナイスガイドによりもつ鍋デビューを華々しく飾ることができたんでした。
ありがとうHさん。大好きだ。
うまいんだわ。あれは醤油ベースの出汁で大正解だったね。
コラーゲンたっぷりのこってりしてるもつをあっさり出汁でいただくというのはぶっちぎりの大正解だった。
内臓系は苦手なのでもつ鍋には手を出したことないかったけど
もつ自体がすっきりした味だったのが素晴らしかった。
そんで30gで400円ぐらいの、哀しい程うまい牛肉のたたきとかも食す。

神戸駅最寄りのお食事スポットですが
観光客の皆さんは海側のハーバーランドのこぎれいなところ目指して動きがちかもしれませんが
是非とも駅の山側に行くべきです。
地元の神戸っこ御用達の、んまい店っていうのは山側にあると思った方がいいですね。
値段もリーズナブルだし。
私のおすすめは湊川神社の脇の和食の「しぶき」ですよ。
親世代を連れて来ても問題無いクオリティにして夜のコースが3000円ちょっとから楽しめる。
やばいよしぶき。
そんで新たにこの才谷も加わったね。
三宮とかもいいお店てんこもりなんでしょうが、私は神戸駅の山側の地元っぽい雰囲気が好きです。
夜は静かな街にぽつぽつ名店がある、ぐらいがいいですよ。

同僚とは仕事の話したり、聖闘士星矢の話したり、高校時代の話したり。
つーかみんな高校時代たのしそーじゃない!なにそれ!
生徒指導の先生に椅子投げられてそれを両手でキャッチとか
ボーリング2ゲームやったら体育の単位ゲットできるとか
PCのモニターのデスクトップ画面からアイコン全部消し、アイコン込みでとったキャプチャー画面を背景に設定して
「先生アイコンクリックできません!」とか
私は高校の頃は運動部的ノリで受験勉強にランナーズハイを感じていたよな。
受験勉強って今思うとあれちょっと部活っぽいよね。
本当の頭の良さとは殆ど関係ないけど、ゲームみたいな。
がんばってる自分に酔ってた、みたいな。
今日そんな話で思ったのは、私はこれまでも今でも余裕ないよなーと思った。
しかしそれもどうせポーズだろ。
余裕無い、というポーズだろ。本当に必死だったらもっと違うんじゃないかお前。

とまぁよっぱらいが自虐癖をぐだぐださらして
今日も30分日記書くのにかかったのでした。

最後にいいたいのは
やっぱりよっぱらいに文章かかせたら残念な結果になるということだよ。 


Posted by マツオヒロミ at 00:46Comments(2)日記

もっと日記書こうよ

2009年05月28日

と職場の後輩に駄目だしされました。
そういうわけで、これからは続けることを前提にして
一日10分で書ける日記を書こうと思います。

最近は似顔絵描きに嵌ってます。
似顔絵描くの苦手だなーと前々から自分で気にしてたんですが
やっぱり他の人から見ても人物の描写にバリエーションが無いみたいで。
一応全年齢、全体格、描けるんですが、愛がないというか。
この人こういう人なんだよね、こんなところが面白いんだよね、みたいな膨らみが無い。
ただの記号、背景としてしか描けてないので、キャラクターに落とし込めないんですね。
特におじさん書くときに愛が無い、固い
みたいなことは以前から気になってました。
だいたい毎日電車通勤なので、大体全員をじろじろ眺めてても見つからないところに陣取って
あーこの人の顔特徴あるな、とか
普通な感じの女の人ってどう描いたらいいのかなとか
りーまんの人の座ってる姿勢って似てるなとか
観察して、家帰って三人くらいを思い出し描きしてます。
最初はやーだーなー、私こんなのよりネームやんなきゃーとか思ってましたが
ずっとやってると楽しいんですよね。
最近はTVとかでもドキュメントとかでピンときたら描き描きしてます。
こんどアップしてみよ。今日はめんどくせー。

今日は残業でした。っていうか最近仕事が忙しくて残業多かったんですが。
山場の一個超えた感じです。
ふ〜。
まんが描くのに支障が無いようにしたいものです。
数年前より結構建設的にやれるようにはなったと思いますが。

仕事では、WEBデザインの仕事してるんですが
っていってもコーディングの知識は無いんでグラフィックのデザインばっかりですが
最近はマネージメントの仕事もするようになったのであっぷあっぷしてます。
頭ぱんぱんです。
職場は体当たりベンチャー企業なので、マネージメントも体当たりです。
っていうか全ての業務が体当たりでみんな常に頭ぱんぱんのよーです。
そんな訳で、今日はたまたま来られてた外部の会社の方に
いろいろマネージメントや業務フローについて勉強させてもらいました。
そんなお勉強してたので残業でした。
見えてきた問題点は
みんな体当たりしかできないくらいの知識しか無いから
タスクを現実的な形に分解できない。
てかそれってタスクにまずなってないじゃん。
分解して、誰が何を何の為にどの程度でやるのかまずちゃんと検討しよう。
ってことが見えてきました。
いやー実に建設的な残業だった。これで今後やってしってたかもしれない無駄な残業数百時間をつぶしたぞ。
いやつぶしたかもしれない。つぶせていてくれ。
と祈りながら帰りの電車で人間ウォッチをしたんでした。

そして電車からの帰り道は
今日の私のよーに、こんな疲れて帰って来る人はどんな漫画読みたいのかな
わたしやったらあれ読みたないなーあれは読みたいなーとか
考えながら帰りました。
とりあえず作者の悩みぶちまけてるのは読みたないわこりゃ。って思った。
でも疲れてる人ばっかりじゃないねんなこれまた。人間て。
誰に読んでもらおうとしてんだ私。みたいなことも考えたり。
それでも、がんばって疲れて帰ってくる人を私は好きです。
わぁ。なんか判らんくなってきた。

む。漫画のことしよ。
結局30分日記書いてたな。ふむ。。
さっそくルールをやぶる私。

あ。土岐麻子さんのインタビューが面白かった。
http://topic.auctions.yahoo.co.jp/music/guitarlabo/tokiasako/tokiasako02/
いや例のごとくジュリーですまんことですが。
表現してる自分を俯瞰する。あんまり最初っからできる人っていないですよね。
ていうか普通に生活しててもこういう想像力は大事よね。 


Posted by マツオヒロミ at 23:03Comments(2)日記