いつのまにかピコピコポンの話になる日記

2008年03月06日



アーカムライフ次回ぶんの下描をば。
今回は描き込んでる方ですね。アーカムライフにしては。
最近は当りをとるだけで、ほとんどもう一発描き状態だったんですが。
(だからあんなに雑なんですよ。自慢になるわけないです)

アーカムライフ、手を抜いてるのか、というわけじゃないですが、
変に力が入り過ぎてると絵って駄目な感じがします。固くなるんですよ画面が。あんまり力むと。
頑張らないと伝わらない、っていうのが今まで描いてきて得た感覚なんですが、
それに固執しすぎて不必要なほど力むクセがありまして。
今はそのくらい力んだ感じでいいのかな、とも思いますが。

アーカムライフは、自分でも気に入っているシリーズで。それはなんだろうなと思うと、力んでないところが上手くいってるときは上手くいってるような気がします。

力加減が未だによく判らないんですが。
手を抜きゃいいってもんじゃないのが、「力加減」ってやつですね。難しいですね。


先頃勤め先の社長に「紳竜の研究」っていうDVD借りました。
まんま紳助竜介の軌跡を収めたものなんですが。これに島田紳助がNSCで2007年に特別授業で語った内容が収録されていて、これがもう、ものすごく面白かったです。(社長にも「これだけでいいから見ときな」と渡されたんですが)

私は紳助竜介はリアルタイムでは知らないし、別にお笑い好きでもなんでもないんですが、面白かった。
話がかなり普遍的で、おそらく、何か創造することで生きている人間にはかなり刺激的な内容ですよ。
で、一番面白かったのは
「XとY」の話。
何か当てて売れようと考えてる人間は、
x軸=自分の能力、才能、素質。
y軸=自分が何か成そうとしているフィールドの時代の流れ。そこで今まで何が起きて、今何が起こり、これから何が起きるか。
この両軸を両方理解して、掴んで、初めて売れる方程式が生まれる。そうです。

わーーー。
私、正直x軸をほとんど理解してないですよ。掴んでないですよ。
そうか。。それで。。(遠い目)
自分の出来ないことばっかり「出来るようになろう」って気張ってましたよ。
ていうか、もうそういう人間なんじゃねーの。って思うくらい。そういうことしかしてきてないよな。
そもそもですね。あんまり売れるようになろうなんて思ってなかったんですよ。今まで。
いや、今でも売れようなんて思ってない。
具体的に「描いたもので生活するには…」みたいな計算はするようにはなりましたが。
まぁとにかく。自分のことを分かってないのがモノカキとしてあんまり宜しくないですよね。
でも結構難しいもんじゃないでしょうか。自分で自分のことを理解するっていうのは。
なかなか客観的になれないもんですよ。色々ありますからねー。
嫉妬心、虚栄心、自信過剰。(そして時として、これらの過剰さ故にひっくり返った感情も)
そういうのがぐるぐる渦巻いてる中で描いてるんじゃないかなーみんな。と思います。
そういうのが当たり前の世界だからこそ、冷静に離れてみる感覚っていうのは大事なんですね。きっと。

y軸の方は、働いてる環境もあって(漫画ジャンキーのための古本屋さんですよ)だいたい把握してるつもりなんですが。
売れる売れない、じゃなくて、自分が描く意味っていう意味を感じ続けるためにも大事なんだろうなと思いました。xとyのお話。
yはともかく、xの方は、沢山描きまくらないと分からないことなので、また手を動かす一つの動機になりそうです。

あとは「心で記憶しなさい」っていう話も良かった。
心に響く表現っていうのは、心で記憶したことからしか生まれない、っていうような話でした。
脳味噌で記憶した事っていうのは、ペーパーテストでしか役にたたない、っていう至極当然の話だったんですが。
私があんまり「感情」っていうのを信用しないようにしてきたので、
というか、用心してきたので。ばんと正面きって、「心が大事」って言われると初心に戻るような感じで新鮮でした。
感情を感情のままに表現して形になるのは天才の人たちだけで、そうじゃない人たちは色々技術を身につけないといけないわけで。
でもそれが本末転倒な形で自分の首を絞めにくることもあるんですよね。

やー。ためになった。
紳助竜介っていえば、
私は二人が並んでるところを見たのは、NHKの再放送で人形劇の三国志の前ふりの画面でだけなんですが。
NHKの人形劇また色々見たいなー。
ひげよさらばが観たい!
そして、私の世代っていえばピコピコポンですよ!
あのちょっと病んだ感じの雰囲気が病み付きだったんですが、そんなこと無いですか?
子供向けなんだけど、若干コワいんですよ。言ってる事が。
裏グーグー島が今でもコワいもんね私。平和なグーグー島が、レバー一つで裏表ひっくり返って独裁者の仕切る裏グーグー島になるんですよ。
絵画的じゃないですか、構造がトランプの図柄的な。
もしくは、例えばザクロのようなものをひっくり返して中身を見てしまったショッキングな感じ。
裏っていうものが存在することを物凄く強烈に意識させられたのが「レバー一つで裏グーグー島」なんですよ。
音楽もちょっとコワいんだよなー。ピコピコポン。

パッキー!ムンム! 


同じカテゴリー(日記)の記事画像
近況など
東京いってくる
ひさびさ日記
情報収集した
「そんなに口惜しかったら自分で自分の手ェ汚せば」
くちなしさいたら
同じカテゴリー(日記)の記事
 3月のこと (2011-05-02 14:40)
 近況など (2010-10-09 02:09)
 東京楽しかった! (2010-05-07 21:59)
 東京いってくる (2010-02-02 15:14)
 ひさびさ日記 (2009-12-02 00:03)
 終わった!&某SNSにコミュニティ作ってもらいました! (2009-10-17 03:04)

Posted by マツオヒロミ at 01:48│Comments(0)日記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。